WILD TAME PROJECT PORTFOLIO

TEDxTOKYO

プロジェクト概要:

TEDxTokyoが設立された 2009年は、TEDの名を聞いたことある人は少なく、TEDxTokyo はTEDxイベントとして2回目であり、アメリカ本国以外で開催された初めてのTEDxイベントでした。

Wild Tameは 2010年〜2014年の間、TEDxTokyoの運営の中核となる役割を担っていました。渋谷ヒカリエのヒカリエホールにて開催されることとなったTEDxTokyoですが、回数を重ねるごとにカンファレンス参加だけでなく、オンラインからのオーディエンスの数も伸び続け、10万人近い視聴者がありました。

クリエイティブ・ディレクターのジョセフは、TEDxTokyoのメディアチームの共同リーダーを務め、オンラインのコンテンツ制作、プレス対応、ライブイベント担当、チームのマネージメントを担っていました。イベントのコアパートナーである大塚製薬株式会社様の担当としてスポンサー対応も兼任し、その他、運営に幅広く関わっていました。

ACHIEVEMENTS

  • 広告を利用せずソーシャルメディアチャンネルのファンを5,000から120,000人に増加。
  • イベント当日のライブストリーミング視聴者を13,000から 96,000人に増加。
  • LiveUモバイル・ライブストリーミングの最先端技術を導入。
  • 渋谷スクランブル交差点上のQ-Front スクリーンにて初となるライブ映像を配信。
  • 渋谷スクランブル交差点にてフラッシュモブ映像の撮影を計画および指揮。東急様の協力により渋谷スクランブル交差点の巨大スクリーンを使い、数百名のボランティアを13台のカメラとヘリコプターから撮影。
  • TEDxTokyoの長年のスポンサーである大塚製薬株式会社様のブースで展示する手書きのアニメーション・シリーズを制作。
  • イベント終了36時間以内に60を超えるプレゼンの映像をTEDのYouTubeチャンネルにアップ。後日、メディアに提供する映像も管理。
  • TED 2012(カリフォルニア州、ロングビーチ開催)に参加し、日本チーム向けに裏方の活動を記録
  • 世界各地で行われたTEDオーディションの東京会場のMCを担当。
TEDxTokyo Media Team

WILD TAME ROLES

メディアチーム共同リーダー、ソーシャルメディア・リーダー

  • コンテンツ計画
  • スケジュール管理
  • ブランディング・ガイド作成
  • ライターチーム管理、執筆、編集
  • 翻訳チーム管理、翻訳
  • ビジュアル資産管理(写真、ビデオ、チャート)
  • ソーシャルメディアのアカウント設定・管理
  • ウェブサイト上の投稿のコーディネートおよび管理
  • ニュースレター計画、スケジュール管理、執筆、配信
  • ソーシャルメディア・スポンサー関連

IT管理

  • TEDxTokyo関連オンライン・アカウントの保守・管理
  • 中央データ管理、アーカイブ(5年分の映像、数万枚の写真、コミュニティーデータベース作成・管理)
  • ウェブサイトのホスティング、ドメイン管理
  • チームメンバーへのITサポート

ライブビデオ管理

  • ライブストリーミング社との交渉(YouTube、Ustream、Itscom、LiveU)
  • ライブチャンネル・マーケティング:ビデオ制作、写真等のコーディネーション
  • チャンネル設定
  • プログラミング、スケジュール管理
  • 制作チーム管理
  • プレゼンター

パートナー(スポンサー)関連

  • デザイン思考ワークショップをパートナー向けに開催
  • マーケティング資料作成のアドバイス
TEDxTokyo reception party
The Otsuka Seiyaku display, 2013
Mika Ueno and Joseph Tame at TEDxTokyo
Mika Ueno and Joseph Tame at TEDxTokyo